XAMPPとMODxのインストール

isbn:9784881665732を購入してMODxをXAMPPにインストールしてみた。
というのは、VMware ServerをXPにインストールしてCentOSでテスト環境を作成していたのだが、非力なマシンだとVMware Serverのサービスがやっぱ、重く感じていて、これをなんとかしたいと思ったからだ。

なお、Apacheを入れるので、IISが起動している場合は起動しないように、サービスの設定を変更する必要がある。これをやっておかないと、なんでApache起動しないの?ってことになるので。

XAMPP

XAMPPは現時点で最新の1.6.4を使用。基本的には、 http://www.apachefriends.org/jp/xampp-windows.html からインストーラ版をダウンロードし、このサイトに書いてあるとおりにインストールを実行。インストール時、もしくはその後のXAMPPコントロールパネルでApachemysqlWindowsのサービスとしておく。

Apacheの設定

LoadModule rewrite_module modules/mod_rewrite.so
  • XAMPPコントロールパネルで停止、起動する。停止・起動は時間がかかるようで、停止のあと起動をすぐにしようとしても起動しない。。。

mysqlの設定

http://localhost/xampp/ のメニューからphpMyAdminを起動する。

データベース modx
ユーザ modx

を作成する。
これはisbn:9784881665732を見ながら。ユーザを作成するときに同時にデータベースを作成すると楽ってことみたい。

MODxのインストール

MODxは現時点で最新の0.9.6.1を使用。

  • http://www.modxcms.com/ からダウンロードしたものを解凍する。zipをダウンロードしたがエラー出たがとりあえずそのまま。
  • できたフォルダをmodxとして C:\xampp\htdocs に移動。
  • http://localhost/modx/ にアクセスして、インストール開始。
  • [Choose language:]はenglishのまま。
  • [I agree to the terms set out in this license.]にチェック。
  • データベース関連は上記で設定したものを入力。
  • UNIX環境ではディレクトリ・ファイルのpermissionを変更したりしないといけないが、XPの特権ユーザだとそれはいらない。
  • [Installation was successfl!]と出て終了。
  • [close]ボタンをクリックし、表示されたログイン画面からadminでログイン。
  • [Tools]->[Configuration]の[Language:]で[Japanese-utf8]を選択して[Save]。

すでにサンプルサイトが、 http://localhost/modx/ で表示される。管理者は、 http://localhost/modx/manager/ から。