読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

atコマンド例

たとえば2009年3月25日の10:40に実行させたいものがあり、それをファイルにまとめている場合。

$ cat atfile
touch foobar
echo "test" >foo
mv -f foo foo.txt
rm -f foobar
$ at -f atfile -v 10:40 032509
$ atq
N       2009-03-25 10:40 a ユーザID
$ at -c N(上記番号)
環境と内容(起動するshellscriptの内容)の表示
$

削除の場合。

$ atrm N(上記番号)
$ atq
$