読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CentOSをvirtualbox(mac)にインストール

インストール作業

  • まずVMの設定とDVD設定まで









  • Welcome to CentOS6.5


「Install or upgrade an existing system」を選択

  • Disk Found


「Skip」を選択

  • インストール時に使用する言語を選択してください。



「Japanese(日本語)」を選択

  • システム用の適切なキーボードを選択します。


「日本語」を選択

  • どちらのタイプのストレージデバイスにインストールしますか?


「基本ストレージデバイス」を選択

  • 以下のストレージデバイスは、有用なデータを含んでいるかもしれません。


「はい。含まれていません。どのようなデータがあっても破棄してください。」を選択

  • ストレージ構成をディスクに書き込み中

ホスト名やタイムゾーン、rootのパスワードを適宜入力、選択する。





「変更をディスクに書き込む」を選択

  • インストールの構成


デフォルトのまま「Desktop」を選択

  • おめでとうございます。CentOSのインストールが完了しました。



「再起動」を選択。

初期設定

  • ようこそ


(右下に隠れている)「進む」を選択。

  • ライセンス情報


デフォルトのまま「はい、ライセンス同意書に同意します」を選択し「進む」を選択。

  • ユーザーの作成


普段使うユーザー名を入れて「進む」を選択。

  • 日付と時刻


デフォルトのままで時刻が合っているのでそのまま「進む」を選択。

  • Kdump


「Kdumpの自動有効化にはメモリーが不足しています」とのこと。そのまま「OK」し、「終了」を選択。

  • ネットワークの設定


Virtualboxメニューの環境設定のネットワークにあるホストオンリーネットワークにvboxnet0を追加(「+」するだけ)。

vboxnet0の設定は、VMの設定のネットワークにあるアダプター2をクリックし「ネットワークアダプターを有効化」にし、ホストオンリーアダプターを割り当てる。名前には追加しておいたvboxnet0になるはず。

これで、

アダプター1(eth0)=NAT
アダプター2(eth1)=ホストオンリーアダプター
                 +----------+                    +-------------+
the Internet <-- | ホストOS |  <--(NAT)-- (eth0) | ゲストOS(VM)|
                 |          |  --(ssh)--> (eth1) |             |
                 +----------+                    +-------------+

とする。ホストOSからゲストOSに接続するときはアダプタ2を使用する。
CentOS起動後、/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0を編集し、

ONBOOT=yes

に変更。
アダプタ2側のifcfg-eth1がないけど、ifconfigするとeth1は 192.168.56.101/24でUPしている(なんで?)。

yumの設定

  • epel
  • rpmforge
  • remi

の3つのリポジトリを追加する。

# rpm -ivh http://ftp-srv2.kddilabs.jp/Linux/distributions/fedora/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
# rpm -ivh http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.3-1.el6.rf.x86_64.rpm
# rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

# vi /etc/yum.repos.d/epel.repo
# vi /etc/yum.repos.d/rpmforge.repo
# vi /etc/yum.repos.d/remi.repo

enable=0にする

Guest Addtionに必要パッケージをインストール

# yum install gcc kernel-devel make perl

起動しているVMのメニューの[Devices]-[Insert Guest Addition CD image…]を選択してGuest AddtionのCDをセットする(イメージ)。その後以下のとおりマウントする。

# mkdir /media/cdrom
# mount -r /dev/cdrom /media/cdrom
# df -k
Filesystem                   1K-blocks    Used Available Use% Mounted on
/dev/mapper/VolGroup-lv_root   6926264 3541432   3032988  54% /
tmpfs                           768220     216    768004   1% /dev/shm
/dev/sda1                       495844   34850    435394   8% /boot
/dev/sr0                         63252   63252         0 100% /media/cdrom
#

Guest Addtionをインストールするが失敗。

# cd /media/cdrom
[root@localhost cdrom]# ls
32Bit        OS2                       VBoxWindowsAdditions-amd64.exe  autorun.sh
64Bit        VBoxLinuxAdditions.run    VBoxWindowsAdditions-x86.exe    cert
AUTORUN.INF  VBoxSolarisAdditions.pkg  VBoxWindowsAdditions.exe        runasroot.sh
# ./VBoxLinuxAdditions.run
Verifying archive integrity... All good.
Uncompressing VirtualBox 4.3.12 Guest Additions for Linux............
VirtualBox Guest Additions installer
Copying additional installer modules ...
Installing additional modules ...
Removing existing VirtualBox non-DKMS kernel modules       [  OK  ]
Building the VirtualBox Guest Additions kernel modules
The headers for the current running kernel were not found. If the following
module compilation fails then this could be the reason.
The missing package can be probably installed with
yum install kernel-devel-2.6.32-431.el6.x86_64

Building the main Guest Additions module                   [失敗]
(Look at /var/log/vboxadd-install.log to find out what went wrong)
Doing non-kernel setup of the Guest Additions              [  OK  ]
Installing the Window System drivers
Installing X.Org Server 1.13 modules                       [  OK  ]
Setting up the Window System to use the Guest Additions    [  OK  ]
You may need to restart the hal service and the Window System (or just restart
the guest system) to enable the Guest Additions.

Installing graphics libraries and desktop services componen[  OK  ]
#

http://mtb-production.info/2013/06/06/1032/

を参考にして以下を実行。

# yum --enablerepo=epel install dkms
# yum update kernel*
# reboot
再度ログイン後、再度Guest AddtionのCDをセットして、
# mount -r /dev/cdrom /media/cdrom
# cd /media/cdrom
# ./VBoxLinuxAdditions.run
Verifying archive integrity... All good.
Uncompressing VirtualBox 4.3.12 Guest Additions for Linux............
VirtualBox Guest Additions installer
Removing installed version 4.3.12 of VirtualBox Guest Additions...
Copying additional installer modules ...
Installing additional modules ...
Removing existing VirtualBox DKMS kernel modules           [  OK  ]
Removing existing VirtualBox non-DKMS kernel modules       [  OK  ]
Building the VirtualBox Guest Additions kernel modules     [  OK  ]
Doing non-kernel setup of the Guest Additions              [  OK  ]
Starting the VirtualBox Guest Additions                    [  OK  ]
Installing the Window System drivers
Installing X.Org Server 1.13 modules                       [  OK  ]
Setting up the Window System to use the Guest Additions    [  OK  ]
You may need to restart the hal service and the Window System (or just restart
the guest system) to enable the Guest Additions.

Installing graphics libraries and desktop services componen[  OK  ]
#

「Building the VirtualBox Guest Additions kernel modules」で30分ぐらい待たされる。なお、VBoxLinuxAddtions.run実行前の

export KERN_DIR=/usr/src/kernels/`uname -r` 

は VBoxLinuxAddtions.runを見るといらないっぽい。


これで共有フォルダを使えるようになる。一番いいのがマウスがシームレスに使えること。