読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VMware Fusionで仮想マシンを複製

  1. 仮想マシン」ペインに表示しているコピーしたい仮想マシンを右クリックして「ファインダを表示」選択。
  2. 仮想マシンのファイルを普通にコピペ。
  3. 複製したファイルをVMware Fusion仮想マシンのライブラリにドラッグする。
  4. タイトルがまったく一緒なので名前を変更する(ここで変更しないとわかんなくなりそう)。

その後、仮想マシンを起動するが、起動時に「この仮想マシンは移動またはコピーされた可能性があります。」と出る。

ここで「コピーしました」を選択する。
このままだとeth0が活性化されず、ログイン後ifconfigで見るとeth1が有効になっている。そのため、以下のサイトを参考にeth1をeth0にする。

http://d.hatena.ne.jp/komiyak/20130519/1368948737

eth0を削除しeth1にする。

# cat /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules 
# This file was automatically generated by the /lib/udev/write_net_rules
# program, run by the persistent-net-generator.rules rules file.
#
# You can modify it, as long as you keep each rule on a single
# line, and change only the value of the NAME= key.

# PCI device 0x8086:0x100f (e1000)
SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", DRIVERS=="?*", ATTR{address}=="00:0c:29:XX:XX:XX", ATTR{type}=="1", KERNEL=="eth*", NAME="eth0"

eth0のMACアドレスを上記のATTR{address}の値にする。

# cat /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
DEVICE="eth0"
BOOTPROTO="dhcp"
HWADDR="00:0c:29:XX:XX:XX"
NM_CONTROLLED="yes"
ONBOOT="yes"
TYPE="Ethernet"
UUID="01234567-0123-4567-890A-0123456789AB"
#

でその後リブートし確認する。